床の素材感で見た目を楽しみたい(無垢じゃないけど)

あかりホームクラフト 株式会社の上部ロゴ

0466-54-9247

営業時間 / 09:00〜18:00 定休日 / 水曜・日曜

キービジュアル

床の素材感で見た目を楽しみたい(無垢じゃないけど)

ブログ

2019/02/25 床の素材感で見た目を楽しみたい(無垢じゃないけど)

床の材料次第で空間のテイストはかなり変わります

特に面積が広い部屋はその影響を受けやすい物です

 

なぜだかいつも最終選考で採用から漏れがちなフローリング材を使ってみた

このフローリング材、実は表面が加工製品なのですが、とにかく木目がきれいです

resize0068

無垢材などではありませんが見栄えという点では無垢より無垢っぽく見えます

いつもは少しコストをプラスして突板材か、それこそ無垢材に走ってしまいますが…

この床材は、水に強いし、キズにも強いのでメンテナンス性を考慮するとかなり高性能です

 

 

キッチンも木目にしました

木目に黒いアイアンを合わせるのはここ数年お気に入りです

黒を入れると素材感がアップした感じがします

resize0071

 

家全体の床に無垢の床材などを採用すると効果絶大ですけど、建築費もかさんでしまうものです

あと、無垢材は傷もつきやすいし綺麗な状態を保つのはちょっと大変です

経年美化を楽しむ材料ですからね

 

 

床の建築費をなるべく落したいときは

 

1階だけ頑張るとか、リビングと玄関ホールだけに費用をかけるとか、なるべく施工性の良い材料を使う事もオススメします

これだけでもだいぶ雰囲気が変わるし、空間のテイストは十分に確保できます

今回は全室同じ床材を使用しましたが、寝室などベットを置いてしまうと床の大半が隠れてしまう部屋や、1日の中で過ごす時間が少ない部屋はあまり高価な材料を使用しないようにすると地道なコストダウンにつながり、必要ないものを少しづつ節約していくと建築費は圧縮されていきます

TOP